実生活に役立つFP2級の知識。‘自分の場合’をイメージすることで断然理解度UP!

FP受験生の中には、「2級は難易度の高い試験」「しっかりテキストを読み込んで問題を解き、完璧な対策をしなければ」と身構えすぎている方が意外と多くいるようだ。

しかしながら、FP2級で習得する内容は、難易度の高い試験に対応するためのものである以上に、‘生活に役立てる’といった性質のものであることを忘れてはならない。
よって、時には「テキストに問題集」の典型的な試験対策から離れ、より実践的かつ取り組みやすい試験対策を検討されるのが得策であると言える。

934da9c326d6aea73ef11b627633c99f_s

重要事項を‘抽象的なキーワード’でなく、‘身近な話題’に落とし込んで覚える

例えば、FP2級の出題範囲の中でも特に難易度の高い「相続」分野を学ぶ上では、特に「習得した知識を身近な話題に置き換える」ことが有効である。
テキスト中の文言や、問題文に登場する例では、抽象的だったり、実際のケースとかけ離れていたりと、どうもピンとこないことが多いように感じられる。

そこで大切なのが、「自分(もしくは身近な人)の場合、どう考えることができるか」だ。
習得した内容をより具体的な人物や状況に置き換えることで、格段にイメージが湧きやすくなり、結果として重要なことを記憶しやすくなるものである。

また、生命保険や年金等の「保険分野」を学ぶ上でも、「自分の場合はどうか」に注目してみると、より具体的にキーワードを捉えることができ、結果的に知識の習得がしやすくなる
のでお勧めである。
これは、「不動産」や「税」といった分野においても同様のことが言えるだろう。

身近な例を検討しやすいFP2級だからこそ、キーワードを分かりやすく加工して難易度を下げることが可能になる

「覚えられない」とお悩みのFP受験生には、ぜひ試していただきたい対策法である。


⇒FPに合格できない? この方法なら大丈夫

ページ上部に戻る